迷惑メールを防ぐには、どうしたらいいですか?

以下のような対策を講じて、極力迷惑メールを受け取らないようにしましょう。

◆迷惑メールに返信しない

迷惑メールを「送らないでください」などと返信すると、あなたのメールアドレスが存在することを相手に知らせてしまうことになります。本文に記載されているホームページへのリンクも絶対にクリックしてはいけません。
『配信停止はこちら』と案内している場合もありますが、さらに迷惑メールが増えたり、架空請求などに発展する恐れがあります。読まずに削除するようにしましょう。

◆疑わしいところには登録しない

悪質な業者が、会員登録や無料サービス、アンケートなどでメールアドレスを収集する場合があります。
信頼できるところ以外は、登録しないようにしましょう。

◆掲示板などにメールアドレスを記載しない

インターネットの掲示板やホームページ、ブログなどに記載されているメールアドレスが収集される可能性があります。
どうしても記載するときは無料メールアドレス(yahoo、Gmail等)を使うなど、メールアドレスの使い分けも検討しましょう。

◆簡単なメールアドレスにしない

名前や一般的な単語の組み合わせなど、存在しそうなメールアドレスを推測し、迷惑メールを送信している場合があります。どうしても迷惑メールが増えてしまってなかなか減らない場合、最後の手段として、簡単に予測できないようなメールアドレスに変更することも可能です。
(メールアドレスを変更する場合は手数料330円がかかります。)

◆ウイルス対策ソフトやスパイウェア検出ツールを利用する

ウイルス感染によりパソコン内のデータを読み取られ、他者のメールアドレスにウイルスメールを送信することがあります。
また、思いがけずスパイウェアが入り込んでおり、メールアドレスを収集される可能性があります。
当社ではメールのウイルスチェックサービスを行っていますが、ファイルのダウンロードによる感染や、ホームページの閲覧による感染などは防ぐことができません。ウイルス・セキュリティ対策ソフトの導入をおすすめします。
ウイルスバスター クラウド月額版
スパイウェア検出ツールについては、「スパイウェア」などのキーワードで検索すると情報を得ることができます。

ページトップ